Shake Shack(シェイク シャック)に行ってきたよ!

こんにちわ。

グルメリポーターもこなすforeonです。

 

先日、前から気になっていたハンバーガーショップ「Shake Shack」に行ってきました

ShackBurger®

www.shakeshack.jp

まず「Shake Shack(シェイクシャック)とは

アメリカNYに本社を置き、日本では2015年11月に明治神宮外苑内にオープンし、都内を中心に神奈川、大阪に10店舗を構えるレストランチェーンとなっています。

ハンバーガーメニューとしては

「Shake Burger」「 SmokeSyack」 「Humburger」「Shroom Burger」「 Shake Syack」となります。今回はこの中から「Shake Burger」「Shake Stack」を食べました(嫁と半分ずつですけどね!)。その他にも「Fries(フライドポテト)」「Drink」を注文しました。

f:id:foreon:20180705103122j:plain

右上が「Shake Stack」,右下が「Shack Burger」となります。

ちなみに「Fries(チェダーチーズなし)」のサイズはたしかL相当だったと思います。マスタードケチャップはセルフで好きなだけかけられます。ドリンクはSサイズになりますね。ちなみにこれで約3,000円となります。価格だけ聞くと「えっ高!!」となりますね。なんせマックの約3倍です。

 

では、味の方の感想を。

結論からいいますと、絶対に「Shake Stack」がいい!

「Shke Stack」と「Shack Burger」の違いは写真でもわかるように真ん中にポートベローという種のマッシュルームを3種類のチーズで包み込み、サクッとしています。こちらが絶品!これを食べれただけでもマックとの差額を支払った価値があります。マッシュルームが厚くとても食べごたえがあり、トロトロのチーズと相性も抜群でした。「Shake Stack」がらパテを除いたのが「Sroom Burger」となります。もちろんパテもジューシーで美味しいし、「Shake Burger」も満足できる味となっていました。しかし、「Shake Stack」のシュルームの衝撃が強すぎて一緒に食べると「Shake Burger」はただのハンバーガーに成り下がってしいました。

「Fries(フライドポテト)」はカリカリ系ではなく、しっかりした食べごたえでした。今回は初めての来店でしたので、あえてチーズをトッピンしませんでしたがそれでもとてもしっかりと塩見が聴いていたので美味しかったです。次回は、チーズをトッピングしようと心にはきめましたが。

「Drink」は何がオススメか考えもしなかったので普通のソフトドリンクにしてしまいましたが、車で行かないときはビールやワインなどのアルコールなどもいいかなと思いました。

 

「Shake Shack」はInstagramなどのSNSでも沢山UPされており、だんだん認知度が上がってきています。今回は神奈川県の湘南テラスモール店に行ってきました。休日のお昼時であり軽く行列ができていましたが、ハンバーガー店であるための客回転の良さから注文してからすぐ着席することができました。休日のお昼に利用を考える方は湘南テラスモールがオススメです。駅から近いですし、ロンハーマンカフェなどおしゃれなカフェも併設されているためこれからの季節、かい水浴帰りなどに寄ってみてはいかがでしょうか。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

Macbook proに必要な周辺機器を紹介するよ!

 

こんにちわ。雑記ブロガー初心者のforenです。

 

今回はMacbook late2016を購入した私が使用している周辺機器・GOODSを紹介します。

整備済みのMacbook proを購入した記事はこちらになります。

 

foreon.hatenablog.com 

 

はじめに 

私の使用方法ではこのブログの更新、本業の講習会の資料作成、学会発表の抄録作成やスライド作成、学会誌の査読、論文作成、ネットサーフィン、iphoneipadの管理などを行っています。購入から半年以上たち一通り使用しましたのでその感想をふまえて周辺機器を紹介したいと思います。

 

1.iphone

www.apple.comやはりまずはこちらの商品です。やはりmacbookiphoneの連携は秀逸ですね。日々その恩恵を享受しています。特に写真・純正メモ・safariの同期はほぼ数秒で行われます。またwindowsの時にあんなにイライラしていた『iturnesが重い』という問題が解決したのも大きい効果であると思われます。日本中のiphoneユーザーに次のパソコンはwindowsからmacにすることをオススメします。iphoneはある程度はPCなしで使用できますが、macと連携させることで十分な能力を発揮します。

 

iPhone X 256GB SIMフリー スペースグレイ

iPhone X 256GB SIMフリー スペースグレイ

 

 

 

 

2.USB-C VGA Multiport Adapter

f:id:foreon:20180624095231j:plain

 続いてはこちらApple純正の「USB-C VGA Multiport Adapter」。使うのは講演や学会でプロジェクターを使用し、スライドを投影するときになります。価格は7,992円。もちろんサードパティー製でもっと安い製品もありますが、やはり講演などの失敗できない場面では純正品を使用することをオススメいたします。私の使用経験ではプロジェクターを使った講演2回、職場のSONY製のモニターでも不具合なしに投影することができました。現在ではプロジェクタとの接続にはHDMI端子ばどが主流になりつつあります。しかし、会場によっては古いプロジェクターしかない事があり、VGAで出力することを念頭においた方が対応できると考えます。

 

 

Apple USB-C VGA Multiport アダプタ MJ1L2AM/A

Apple USB-C VGA Multiport アダプタ MJ1L2AM/A

 

 

 

 3Air pods

f:id:foreon:20180625225212j:plainそしてまたしてもApple製品となります。発売以来、大型量販店では常に品薄の「Air pods」です。こちらはもちろん主としてiphone ⅹでの使用となります。しかし、Macbook proを使用するときも「システム環境設定」→「bluetoothからすぐに切り替える事ができ、非常に便利となっています。Air podsは遮音性がほぼありませんが、カフェ等で作業する際に全く周りの音が聞こえなくなるなるのは不安なのでちょうどいいかなと思っています。他に、Macbook proとの相性にて秀逸と思われるのはbluetoothイヤホンで顕著になってしまいがちな動画を見ているときや音楽の冒頭部分が切れてしまう、いわゆる「遅延」をほぼ感じない事だと思います。

 

 

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

 

 

 

4THE NORTH FACE SHUTTLE DAYPACK

f:id:foreon:20180627091602j:plain

こちらはMacbook proを持ち運ぶ時に使用するバックパックになります。選定基準としていくらMacbookが約1.3Kgと軽くても長時間運ぶには背負ってしまうのが一番楽です。また学会や研修会には基本的にスーツやジャケットで登壇しますのでそのようなスタイルにあう形が必要となります。そして一番重要なMacbook proを保護できる厚めのパッドがPC収納部にあり、かつ位置が背中側にあります。またストラップが太く、厚みがありますので重量を感じづらくなっています。

f:id:foreon:20180627091708j:plain

North faceはアウトドアブランドです。物自体はかなり丈夫に作られており、通常に使用している限りでは簡単に引きちぎれたりはしなさそうです。一つ注意点としては、ジップ部分は「止水ジップ」にはなっていませんので水には強くありません。こちらは専用のバックカバーなども販売していますので雨対策は別に行う必要があります。

 

 

 

 

以上が私の使用しているMacbook proを使用する上で必要な周辺機器・GOODSとなります。もちろん他にもITuensにCDを取り込むためのDVDドライブMacbook proのバックアップに必要な外付けハードディスクなどは必要ですが、音楽に関しては最近はほぼspotifyしか使用していませんし、データーに関してましてはiCloudやone driveなど(有料プラン)大容量のオンラインストレージにバックアップできます。まぁ、Macbook proだけでも十分に生活を変えるほど便利ですし、必要になった時に少しずつ揃えればいいかなと思っています。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

今後も私が使用して便利と思った商品がありましたら、順次紹介していきたいと思います。

フォレスターのバッテリーを自分で変えてみた!

こんにちはforenです。今回は1月に交換したバッテリーについて記事にします。

 

 2013年2月に購入したフォレスターも今年でなんと5年目。走行距離は35000Kmを超えました。冬はスノボー、それ以外には登山や旅行、帰省などにつねに『楽しい』を共有してきた大切な相棒です。今年にはフルモデルチェンジをしますが、まだまだこの相棒に乗り続けようと思っています。

 

 さて本題です。同じくらいに購入した他ユーザーさんはもうとっくにバッテリーの交換を済ませている方もいらっしゃいます。私のフォレスターのバッテリーはおよそ5年間ヘタることもなく、一回も変えていませんでした。しかし、車検の事前点検で要交換となりました。もちろんディーラーで見積もりをしていただきましたが、なんと工賃込みで『約33,000円』!!

ネットなどで情報を集めても正規ディーラーではやはりそのぐらいはかかるとのこと・・・なんとかならんかなとオートバックスなどのカー用品店を確認するもやはり30,00円は覚悟しなくてはいけなさそう(-_-)

 しかし、ネットの情報からどうやらDIYで交換できるもよう。必要な器具もバッテリー本体といくつかの工具のみとなっています。工具(ナットレンチなど)に関しては職場から拝借できそうだったのでバッテーのみネットで購入し、作業することに(ちなみにナビや自動車の再設定が面倒なかたはエーモンのメモリーバックアップが必要です)。

 

 今回、使用したバッテリーは「Panasonic カオス バッテリー N-Q90/A2 アイドリングストップ車用」。楽天で購入しましたが、クーポン併用で14,000円ほど。もちろん配送料無料でしかも、使用済みのバッテリーも無料回収チケット込でした。

どうやらこのバッテリーのネットでの評価は上々。まあ最低でも3年はもってくれればいいのですが。あとは「YouTube」や「みんから」で作業内容をよく予習して万全を期しました。

 

では手順です。必ず、エンジンは切って屋外で作業するときは雨の降っていないときがオススメです!あと、軍手やハサミも用意してくといいと思います。

 

1.まずはボンネットを開けます。むかって右側にバッテリーがあります。こちらを手順にそって外していきます。バッテリーの左についてる赤いプラスチックはハマっているだけなので簡単に取れます。あとはレンチを使ってバッテリーを固定している黒い金具やバッテリー端子を外します。

注意)バッテリーは必ずマイナス端子から外して下さい。

外した端子はタオルなどに包み車体などへの接触に気をつけて下さい。

f:id:foreon:20180608213854j:plain

 

2.外したときに使用したネジやナットは使いますので無くさないように注意して下さい。バッテリーを持ち上げて、社外に下ろすときは結構重量がありますので、車体に落とさないように気をつけて下さい。下の画像の右が古いバッテリーで、左が今度搭載する「Panasonic カオス」となります。

f:id:foreon:20180608215540j:plain

 

3.新しいバッテリーを古いバッテリーがあった場所に搭載します。その後、金具を使用して元あったように固定していきます。その後、端子をつけていきます。今度はプラス端子からつけていきます。

f:id:foreon:20180608220624j:plain

 

4.ボンネットを締めてエンジンがかかれば作業完了です。このときにメモリーバックアップを行ってないので、ナビの時刻の再設定とパワーウインドの調整が必要になりました(両方共簡単な手順で再設定可能です)。

 

以上が手順になります。

 

感想としましては、私自身も自動車の知識も殆どありませんが、1時間もかからずに行うことができました。費用対効果として1時間で20,00円ほど浮きますので抜群と言えるでしょう。それだけあれば遠出のドライブが十分楽しめますね!

 

こちらの作業はくれぐれも自己責任となりますが、保険としていつも使用しているディーラーや工場に連絡できるようにしておき、万が一途中でわからなくなってしまった時に確認できるようにしておくと安心できると思います(定休日に注意!)。

 

最後にくれぐれもバッテリーの品番確認をよくしてくださいね。

皆さんの参考になれば幸いです。

 

おわり

 

MacBook Pro late 2016(整備済品)を買ったよ

こんばんわ! foreonです.

もう2017年も終りが見えかけた11/23(木)、遂にポチってしまいました。

発売してから1年と2ヶ月ほど経ったMacbook pro 2016を購入しました!

今回は忘備録も兼ねてなぜこの機種を選定したか紹介します。

 

f:id:foreon:20171130231351p:plain

 

Apple大好きな皆さんはご存知と思いますが、2017年度版すでに発売されています。それでも私は2016年度版を選択しました。ええ。分かっています。家電・PCは最新を選ぶのが基本です。

 

ズバリ「価格」です!

 

2017年 Macbook pro(touch barあり)の価格は¥198,800-(税抜き)

2016年 Macbook pro(touch barあり)の価格は¥178,800-(税抜き)

この価格差は主に円安の影響と言われています。問題はこの価格差に性能の向上のメリットを見出せるかとなります。

ズバリ性能差はlate 2017のCPUが第6世代「Sky Lake」から最新の第7世代「 Kaby Lake」になり、約20%の性能向上があります。

この性能差は私のようにofficeなどのテキストベースでしか使用しない人にはあまり支障はきたさないと考えます(動画の編集などをガンガンする人は重要かも)。

 

さらに、私の購入したApple store整備済製品は¥142,000-となります。

もちろんlate 2017はまだ整備済品でもほとんど認められないので新品のとの価格差は¥56,000- ・・・。

 

もはや説明不要ですね。

私と同じライトな使い方を考えているあなた、Apple storeの整備済製品をお勧めします。

 

次回は浮いたお金で購入した、Macbook proの必需品を紹介していきます!

 

終り

 

 

docomoからキャンペーンの案内がきたのでSpotifyに登録してみた

こんにちは(はじめまして)。中年ブロガーのforenです。

今回は2017年5月のキャンペーンでdocomoからSpotifyの2ヶ月無料キャンペーンの案内が届きましたのでお試しに登録してみました。

f:id:foreon:20170522163322j:image

 

1.まず、Spotify(スポティファイ)とは

   スウェーデン発祥の音楽のストリーミング配信サービス。  2016年現在、1億人を超えるユーザーを    かかえる世界最大手。日本では2016年9月にサービスが開始されました。

今、現在、世界で最も利用されている音楽ストリーミング配信サービスとなります。ちなみに音楽ストリーミング配信サービスとはスマートフォンタブレットやPCなどで利用可能なWEBにアクセスしなが音楽が聞ける配信サービスです。他にはApple music,LiNE musicなどがあります。

 

2.Spotifyのサービス内容

   Spotifyは月額料金無料の制限ありプランと有料プラン(月額料金¥980)の制限なしプランがあります(パケット料金は別)。この条件でおよそ4000万曲の音楽が気軽に聞けるサービスになっています。この4000万曲は発祥がヨーロッパという事もあり、日本のアーティストは一部となっています。つまり洋楽が大部分を占めています。

 

3.今回のdocomo無料期間は2ヶ月

  通常の有料プランのお試し(無料)期間は30日間となっていますが、今回はdocomoユーザーに限りキャンペーンで期間が2ヶ月まで延長されています。

 

4.無料プランの使い心地

   ふつーに使えます。音質もハイレゾやCD音源には及びませんが、特に音質へのこだわりのない方や作業中のながら聞きぐらいでしたら十分と考えます。ちなみに無料プランでしたら数曲聞くたびにSpotifyの有料プランの広告音声が入りますが、これも十数秒程度ですので気にならない方には問題ないと考えます(私は前述の2条件は気になりませんでした)。ただし、タブレットのアプリでは一月の時間制限が15時間とあり、iPadを使用をしている私にはここが引っかかってしまいました。またその他に無料期間では

 

・シャッフル再生しかできない。

・曲のスキップに回数制限がある。

 

等あります。

 

5.有料期間の感想

   素直にいいです。上記(4)のサービス制限の解除だけでは無く、高音質設定での視聴や曲のダウンロードを行う事ができるため利用場面がとても増えました。睡眠前に再生していて消し忘れても全く問題ありません。ダウンロードして電車通勤中はイヤホンで車の運転中はBluetoothでオーディオに飛ばして聞いています。

 

6.申し込み前に注意

   基本的に私は家では光回線Wi-FiiPadを接続し、オンラインストーリーミングを楽しんだり、オフラインでも聞けるようにダウンロードしています。

もしこの記事を読んで興味を持ち、申し込みを決めた方は以下の点に注意してください。

 

・通常のキャリアや格安SIMではおそらくパケット制限に引っかかることになりますのでWiMAX光回線のパケット使い放題の回線を使用して楽しむのをオススメします。

 

・お支払いはクレジットカード払いでは無く、docomoのケータイ払い(キャリア決済)を利用しなくてはキャンペーンは成立しません。また今回のキャンペーンは2017年5月31日までとなります。

 

・最後にどうやらSponifyでは現在、他のお得なサービスも行なっているようです。

こちらも確認してから申し込んだ方がよさそうですね♪( ´▽`)

 

https://www.spotify.com/jp/premium/

 

とりあえず愛車について

こんにちは(はじめまして)中年ブロガーのforeonです。

 

 ブログ一発目の記事は私の愛車であるSUBARU フォレスター SJ-5(2012年式)について紹介したいと思います。

 

 フォレスター(SJ-5)は近年、若者を中心に人気のSUVというカテゴリーに分類される乗用車になります。

 

歴史

・1997年に初代(SF系)が発売

File:98-00 Subaru Forester.jpg

 

・2002年に2代目(SG系)が発売

・2007年に3代目(SH系)が発売

2007 Subaru Forester 01.jpg

・2012年に4代目(SJ系)が発売

Subaru Forester 2.0i-L EyeSight X-BREAK SJ5.jpg写真はWikipediaより

 

私が乗っているのはこの4代目の2012年式となります。さらに2017年の現在はマイナーモデルチェンジを繰り返し、エクステリアやインテリアなどが若干変更されています。また、来年にはフルモデルチェンジが予想されています。では何故今更、古いモデルを紹介するのと思った方が多いと思いますので、ここからは私が魅力に思う事を伝えたいと思います。

 

  1. 基本的に乗用車はフルモデルチェンジ前の後期型が完成系!

こちらは一般的な意見になってしまいが、最近の傾向として乗用車は年一回のマイナーチェンジを行なっています。その理由の一つとしてユーザーの意見を元に細部に改良を重ね、より完成度の高い製品に仕上げています(場合により若干の価格変更があります)。つまりフルモデルチェンジ前の現在が製品として最も完成されています。

 

  1. フルモデルチェンジによりエクステリアが大きく変わるかも。

現在、フォレスターを含めたSUVは人気であり、各メーカーで様々な車種が発売されています。しかし、近年はやや都会的でシャープなエクステリアが増えており、本来の武骨なイメージのフォレスターも大きく変更される可能性があります(こちらは好みが分かれますね)。

 

  1. アイサイトはとっても便利!

フォレスターの魅力はSUBARU独自のボクサーエンジン、他社よりも運転しやすい見切りの良さ、悪路にも強いXモード等があります。しかし、何よりも便利なのはSUBARU独自のアイサイトだと思います。アイサイトは運転支援システムの一種であり、SUBARUはこの技術により予防安全性能の評価試験で最高ランクを獲得しています(現在はVer.3)。最近話題の高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故にもプリクラッシュブレーキが作動し、防止します。

www.subaru.jp

 

 

 

     今回は、私の愛車のフォレスターの紹介とオススメポイントについて書きましたが 、   来年まで待って新型に乗りたいやアイサイトVer.4の噂などもあり、悩む要素は沢山ありますが、気になるようでしたら試乗をオススメします。きっと気にいると思いますよ。

 

 ちなみにフォレスター」は、英語の「森をはぐくむ者」に由来します。素敵ですね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。